転職アドバイザーがおすすめする転職サイトは?

Just another WordPress site

絶対にボーナスをもらってから辞めてやる!

2016年5月24日(火) 10:51

職場を変えるのは、ボーナスをもらってからの方が収入も増えますし、後悔しないでしょう。ボーナス月を退職時期と考えている人も多いように見受けられますが、その時期が訪れるまでに次の職場を決めておいた方が良いでしょう。一番オススメしたいのは、賞与月に退職し、その後、新しい会社にすぐに就けるように行動を起こすことです。
転職しようとする時に求められる資格というのは、専門職以外はそんなに多くないようですが、取得資格が有利に働くという点では、やはり、国家資格が重視されるようです。特に、建築・土木の関係の業界では建築士の資格を代表とする「業界独占資格」と言われるその資格を所持していないと実際に働けないという仕事が少なくないことから、案外苦労せず転職できるかもしれません。会社が必要とする人材だと判断してもらうことができた場合は、35歳を超えていても転職できると考えてください。
確かに、年配の方が採用されにくいですが、即戦力の人材を求めているような会社では、経験、知識を兼ね備えた30代の働き手を迎え入れることが可能な状態になっています。
ですので、35歳を過ぎているからといって、再び職に就くことを諦める必要はありません。
まず、心から転職したいと思ったわけを考えてみてください。
考えた通りに話す必要はないので、深く考えずに、紙に書きましょう。
そして、それをネガティブな印象を与えないように表現の仕方を変えてみてください。
転職理由の部分が長いと潔くないので、簡潔にしましょう。

Category: 未分類
絶対にボーナスをもらってから辞めてやる! はコメントを受け付けていません。

ぶっちゃけ人材紹介って使えるのか?

2016年5月17日(火) 10:51

人材を紹介してくれる会社を利用して転職が上手く行った人も少ない例ではありません。一人で転職先を探すのは、精神的なダメージを受けることも多いです。転職先が中々みつからないと、何をどうしたら上手くいくのかわからなくなることもあります。人材紹介会社を使えば、自分の求める条件に合った求人情報をくれたり、有効なアドバイスをしてもらえるでしょう。
大手の企業に転職をした場合、収入が上がる事が多いですが、もっとも違ってくるのはボーナスの額でしょう。中小企業のケースだと、ボーナスが小額だったり、業績によってはまったくないなんてこともあります。もし、給料が40万円と同じでも、ボーナスゼロの場合は480万円というのが年収ですが、ボーナスが年に二度あれば、その分だけ、年収に差が出てきます。転職理由としてどのようなものが良いのかと言えば、まず、転職を思い立った実際の理由を再考してみてください。伝えるのはそのままではないため、ノートにでも、そのまま書いてみましょう。
否定的な印象とならないよう、次にそれを表現の仕方を変えてみましょう。
転職する理由が長いものだと言い訳をしているように聞こえてしまうので、気をつけて長くしないようにしましょう。
一般的に、転職する際、有効だと思われている資格に中小企業診断士という資格があります。
中小企業診断士資格を取得すると、経営知識を有することが証明されるので自らを会社にとって貴重な戦力だと扱ってもらうことができるでしょう。法律のエキスパートである行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。

Category: 未分類
ぶっちゃけ人材紹介って使えるのか? はコメントを受け付けていません。

大企業に転職を希望している場合は?

2016年5月10日(火) 10:51

大企業になるに従って賞与も高額になる傾向があるといえます。
転職によって大きく年収をアップできる確率が高いので、大企業への転職に挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。ただし、大企業への転職を成功させるのは中小企業への転職以上に困難ですから、そんなにこだわりすぎないのが得策でしょう。転職先が大手企業だった場合、給料がアップすることが多いですが、一番差が出るのはボーナスになってくるでしょう。
中小企業はボーナスが少なかったり、業績によってはボーナスが出ないこともあります。
手取額が同じ40万円だったとしても、ボーナスがなければ年収は480万円ですが、一年に二度、ボーナスがあれば、その分だけ、年収に差が出てきます。
転職に有利な資格を取っておくと、いざという時にも便利ですね。そのような資格として例えば、TOEICがあります。
TOEICは、自己の英語の能力を証明する資格のことを指しています。グローバル化が進行している現在、ある程度の英語の能力を有する人材を求める会社がすごく多くなってきました。
どの業界でも英語力の高い人材を希望しているので、転職する場合に、とても強い資格だといえます。
好印象の転職理由というのは、第一に、本当に転職しようと決めた理由を思い出してください。
そのままの言葉を伝える訳ではないので、正直に文字にしてみましょう。
そして、それをできるだけプラスの印象になるように書き直してみてください。
転職の理由ばかりが長いと自己弁護しているように受け取られるので、簡潔にまとめるよう注意しましょう。

Category: 未分類
大企業に転職を希望している場合は? はコメントを受け付けていません。

↑Page Top

Copyright(c)転職アドバイザーがおすすめする転職サイトは?. All rights reserved.